タイ

タイ・イサーン地方のソンクラーン水掛け祭りって実際どう?実際にコンケンの水掛け祭りに行って分かったメリット・デメリット

【はじめに】コンケンの水掛け祭りとは?

タイの農業地帯イサーン地方の中心に位置するコンケンは、タイ3大地方国立大のコンケン大学がある学園都市。そんな街が一年で一番盛り上がるのが ソンクラーン水掛け祭り。

2018年は4月13〜15日の3日間で46万人以上がお祭りに参加した。お祭りの中心となる通りはその名も「カオ・ニャオ(もち米)通り」。バンコクにあるカオサン(白米)通りをモジったものだが、今ではイサーン地方最大級のお祭りとなっている。タイ全体で見ても、バンコク、チェンマイに次いで3番目に大きいお祭り会場。今回そんなコンケンの水かけ祭りに参加してきたので、そのメリットとデメリットをお伝えします。

มันส์สดิ้ง 😆😙😎🤡 #songkrankhonkaen #songkranday #songkranxmayfunny #3

M A T A W E E 💋さん(@maysowon)がシェアした投稿 –

まずは行ってよかったメリットを紹介しますね。

【メリットその1】参加するのはほぼタイ人

コンケンの水掛け祭りは、バンコクやチェンマイと違って、参加者のほとんど人がタイ人。タイの本当のソンクラーン祭りを知りたい人、せっかくタイに来ただからタイ人とたくさん絡みたいという人にはピッタリだと思います。ほとんどは田舎の気さくな人達なので、すぐに一緒に水掛けを楽しめるでしょう。

【メリットその2】人のウェーブで一体感を楽しめる

このお祭り最大のイベントが大勢の人によるウェーブ。夜19時半頃になると、ステージ上から合図が出されて、みんなで順々に立ち上がってウェーブする。毎年行われるこの人のウェーブは年々人が増えたことから、来年はギネスブックの審査員を呼ぶ、なんてウワサがあるほど。ウェーブは、バンコク、チェンマイにはないですし、水かけ祭りの参加者が一斉に会するのはこのコンケンのお祭りだけだろう。

↑これが2018年のウェーブの動画です。

【メリットその3】日本人の参加者がほとんどいない

コンケンの水掛け祭りは、あまり知られていないこともあって日本人の参加者はほとんどいません。日本人はほとんど体験していないソンクランを知りたいなら、コンケン一択でしょう。

 

次に、参加して気づいたコンケンの水掛け祭りのデメリットを書きたいと思います。

 【デメリットその1】ボディーパウダーを顔に塗られる

バンコク、チェンマイでは禁止されているが、コンケンではボディーパウダーを異性に塗り合うのが今でも行われている。女性だといきなり知らない人に頬にパウダーを取られるのであまりいい思いはしないでしょう。私もなぜか男性(おそらくオカマ)にたくさん頬にパウダーを塗られた。別にパウダー自体は汚い物ではないけど、不快感は残る。知らない人に触られたくないという人には、つらいでしょう。

↓この写真ほど激しく塗られません。ほほにツッーっとぬられるくらいです。

【デメリットその2】 たくさん歩く

ソンテウや電車がないので、コンケンのソンクラーン祭りは結構歩きます。お祭り騒ぎしながら歩くのでそこまで疲れを感じないが、次の日は足がパンパンになっていてかなり堪えました。

【デメリットその3】かなりのお店が閉まっている

せっかくイサーンに来たのだから、イサーン料理を食べよう!と思うかもしれないが、ほとんどの店が閉まっている。バンコクやチェンマイと違って、コンケンは普通の地方都市なので観光客のためにレストランを開けたりはあまりしないです。

そんな中でもソンクラーン期間中にやっていたお店はここです。ここはイベント会場からも近く、イサーン料理を食べれるので是非行ってみてほしいです(名前は変ですけど、怪しい店ではありません)。

【最後に】コンケンへの行き方とイベント会場の場所

バンコク→コンケンのアクセスは、バス、鉄道、飛行機があります。時間を節約することを考えれば、飛行機が断然お勧めです。早めに予約すれば片道THB2,000前後で取れるとおもいます。航空会社はAirasia、Thai Smile(タイ航空)、Nok Air、Lion Airの4社で便数も多いです。

また、ソンクラーンのイベント主会場は、デパートCENTRALからTukcomセンターにかけてのカオ・ニャオ通りです。通常時は、Sri Chant道理となっているので注意が必要です。交通手段が限られていることも考えると、ここから徒歩圏内にホテルを取るのがいいと思います。

ローカル色が強くて、「異国に来たな!」という実感がわくイベントなので、是非とも参加してみてください。

何か質問などあったら遠慮なくご連絡ください。

 

関連記事

  1. 旅行

    【実体験から分かった】パタヤでオススメの過ごし方

    パタヤと言うとどういったイメージをお持ちだろうか。エメラルドグリーンの…

  2. タイ

    タイの歴史はどこから手をつければいい?タイの歴史講座/第0回 タイ国の歴史を学ぶ前に知っておきたい大…

    本日から何回かに分けて、タイの歴史についてわかりやすく説明していきたい…

  3. タイ

    チェンマイ名物カオソーイの完全ガイド(2018年版) タイ現地人お勧めのレストラン6選

    皆さんはチェンマイに入ったらなにを食べますか? いろいろなガイドブック…

  4. タイ

    【2018年版】タイ/ソンクラーン水掛け祭りで事前に知っておきたい6つの注意点

    今年のソンクラーン期間に、チェンマイとコンケンで初めて水掛け祭りを体験…

  5. タイ

    【あまり知られてないけど大事】タイ人と接する時に注意すべきマナー5つ

    日本にも外国人に理解できないマナー・常識があるのと同じように、タイにも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. タイ

    タイ・イサーン地方のソンクラーン水掛け祭りって実際どう?実際にコンケンの水掛け祭…
  2. タイ

    【2018年版】タイ/ソンクラーン水掛け祭りで事前に知っておきたい6つの注意点
  3. Uncategorized

    旅行先に困っている方必見!知る人ぞ知るタイの離島「ンガイ島」を薦める3つの理由
  4. 旅行

    【実体験から分かった】パタヤでオススメの過ごし方
  5. タイ

    チェンマイ名物カオソーイの完全ガイド(2018年版) タイ現地人お勧めのレストラ…
PAGE TOP